アパートオーナーのためのDIY

クローゼットの丁番が壊れた!折戸を外して折戸用丁番を簡単に交換する方法

投稿日:2020年6月20日 更新日:

お得意様である賃貸マンションのオーナーから、クローゼットの扉が壊れたので修理をお願いしたいと依頼されました。

現場に行って見ると、クローゼットの扉の真中にある折戸用丁番が写真のとおり、真っ二つに壊れているのが原因でした。

真っ二つに壊れた折戸用丁番

そこで今回は、マンションやアパートに設置されているクローゼットの折戸用丁番の交換方法を説明しますので、参考にしていただくと幸いです。

1.折戸用丁番の探し方

現場に行って折戸用丁番を確認して写真に撮り、サイズを測りました。

取り敢えず近くのホーマックに行って折戸用丁番を探しましたが、見つかりません。

係りの担当者に聞いても、当店では扱っていない部品だと言われるだけでした。

次にビバホームに行って丁番コーナーを探しましたが、やはり見当たりません。

担当者に聞くと、折戸用丁番は一般の丁番コーナーに置いているのではなく、折戸用のコーナーに何種類も在庫されていますと説明されました。

確かに折戸用コーナーに行くと、探している折戸用丁番は汎用性の高いもののようで、在庫の中から見つけることができました。

カラーはホワイトとブラックがあり、今回は附属している他の折戸用丁番に合わせてホワイトを2個購入しました。

今回はうまく見つかりましたが、折戸用丁番は種類が多いため、壊れた現物を持っていくか、写真に撮ってサイズを測って買いに行くのが賢明だと思います。

新しい折戸用丁番

2.クローゼット折戸の外し方

クローゼットから折戸を外すのは少しコツがあります。

最初に折戸の上部から出ているピボット(端側)と案内ランナーを、ドライバーで押して下側に下げます。

ピボットと案内ランナーはバネになっているためドライバーを離すと元に戻ります。

ひとつピボットを下げたら上部レールとの間にベニヤ板のようなものを挟みます。

ピボットと案内ランナー

そして次に案内ランナーも下げながらレールの手前側に移動すると、折戸の上部が手前側に外れます。

案内ランナーの拡大写真

そのまま折戸を下レールから上に引き抜くと折戸自体が外れます。

そして折戸を裏返しに置きます。

3.折戸用丁番と折戸の取付方法

裏返しになった折戸に付いている壊れた折戸用丁番を取り外します。

今回の折戸用丁番には1個につき8本のネジが付いているので、電気ドライバーがあると楽に取ることができます。

壊れた折戸用丁番を取り外して新しい折戸用丁番を取付けますが、以前の折戸用丁番が付いていた方向と同じに取付けてください。

取付が完了したら折戸を元どおりに取付ていきます。

今度は最初に折戸の下部分を下レールにはめ込みます。

この時に下部ピボットがクローゼットの端に付いている金属板の穴に入るようにセットしてください。

金属板の穴にピボットが入らないと折戸がスムーズに動きませんで、注意が必要です。

下レールにピボットと案内ランナーが入ったら、折戸の上部を上レールに持っていき、ピボットと案内ランナーの上部をドライバーで押し込んで上レールにはめ込んでいきます。

この時もピボットは上レール端にある金属板の穴にセットするようにします。

少しコツが必要ですが、慣れるとうまく入れることができます。

折戸がレールに入りましたら、開閉してスムーズに動くようであれば完成です。

直した折戸

まとめ

  • 折戸用丁番は種類が多いので、壊れた現物を持って買いに行く
  • 折戸用丁番はビスが多いので電気ドライバーがあると便利
  • 折戸を外す時は上部から、取付る時は下部から行う

今回も最後までお読みいただきありがとうございます。

空室対策やリフォームなどアパート経営に関する事はお気軽にご相談ください。

ご相談はこちらからご相談ボタン

地域密着の誠実な営業でお手伝い

金子不動産株式会社
住所:札幌市中央区北一条西23丁目1番40号
tel:011-633-8686
fax:011-633-8687

-アパートオーナーのためのDIY

Copyright© 金子不動産株式会社 , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.