アパートオーナーのためのDIY

読めばできるDIY!劣化した窓枠へのカッティングシートの貼り方

投稿日:2020年10月12日 更新日:

今回はコストパフォーマンスが高いDIYで施工できるカッティングシート(カッティングフィルム、以下カッティングシート)をご紹介します。

前回、玄関ドアにカッティングシートを貼る方法をご紹介しましたが、今回はアパート室内の窓枠(一方枠)に貼る方法をご紹介したいと思います。

一方枠とは上と左右の枠がクロス仕上げになっており、下枠が別仕上げになっているものを指します。

今回の一方枠は、元々は木目を生かしたクリア塗装仕上げでしたが、植木鉢を置いたような円形の跡が残っていたので、リフォームの時に塗装業者さんが上から水性塗料を塗ってしまいました。

最近はひび割れや塗装の劣化が進んでいるため、思い切って木目のカッティングシートを貼ってみようと思いました。

ご自分でもやってみたいと思われるオーナーの方は、参考にしていただくと幸いです。

なお一方枠の寸法は、長さ170㎝、奥行13㎝(巻き込み部分も含む)です。

1.カッティングシートと施工道具

①木目カッティングシート

ジョイフルエーケー屯田店で、1ⅿ380円(税抜き)で販売されている木目模様のカッティングシート(45㎝幅)を180㎝の長さで購入しました。

購入は1㎝単位で購入できると書かれています。

実際に貼る幅よりも10㎝程度長く購入しましたが、それでも800円もしないので安いものです。

②プライマーと刷毛、養生テープ、養生シート

プライマーはカッテングシートが剥がれづらくするために必要です。

前回の玄関ドアの時に購入したプライマーを使用します。

刷毛で塗るので、プライマーを入れる容器(ペットボトルを半分にカット)とこぼれた時に拭く布も用意しましょう。

また使い捨てにするので高い刷毛は必要ありません。

養生テープと養生シートは、プライマーが一方枠以外に付かないよう使用します。

③キズかくしカラーパテ、紙やすり、うすめ液

キズかくしカラーパテは枠のひび割れに塗り、乾いたら紙やすりを掛けて平らにします。

うすめ液は枠の汚れや脂分を拭くのに使います。

これも前回の玄関ドアの時に購入したものがあったので、今回も使用します。

④地ベラとカッター、スキージー、竹べら

カッティングシートを貼る時の空気抜きにスキージーを使い、竹べらはコーナーを押さえる時に使います。

地ベラとカッターはカッティングシートをカットする時に使いますが、カッターは小型のものが使いやすいようです。

⑤ドライヤーと延長コード

カッティングシートのしわや膨らみを熱で伸ばすときに使います。

困ったときに重宝します。

⑥スケール

カッティングシートの寸法を測るに使います。

カッティングシートを貼る時に使用する道具

2.カッティングシートを貼る前の下準備

最初はプライマーを塗るために枠回りや壁、床が汚れないように養生をします。

まず一方枠の周りをマスキングテープで養生します。

写真のテープは幅が18㎜のテープです。

次に一方枠の下側に塗装用のテープ付養生シートを使って養生しました。

これで完璧です。

下側を養生する

次に一方枠のひび割れにキズかくしカラーパテを塗り、1日空けて乾いてから紙やすり(240番)をかけました。

パテを塗り、ペーパーをかけたところ

キズかくしカラーパテは3~4時間で実用硬化し、24時間で完全硬化します。

紙やすりの後に、うすめ液を付けた布で軽く拭いて汚れや脂分をきれいに落とします。

もう1か所の一方枠もうすめ液を使ってきれいにした後にプライマーを塗ります。

プライマーは枠全体に塗らず、端や角の部分に塗ると効果的です。

特に2回塗りすると、より一層剥がれづらくなり接着力が増します。

2回塗りが終了したら下準備は完了です。

今日は外気温が30度以上あるので暑く、プライマーはすぐに乾きますが暑くて作業がしずらい状況です。

3.カッティングシートの貼り方

最初にカッティングシートを一方枠に合わせてカットします。

長さは購入時にカットされていますが、奥行きも5~6㎝程度長めにカットします。

カットしたカッティングシートの裏紙を5㎝程度剥がして枠に貼り付けていきます。

今回は2か所とも長い方の面に沿って突きつけて貼っていきましたが、これが思いのほか苦労しました。

カッティングシートを突き付けて貼っていく

1か所目は、なかなかぴったりとプラスチックサッシ枠に突きつけて貼れず、歪んで多少の隙間ができるのです。

多少の隙間は想定内でしたので、後でコーキングしようと思っていましたが、施工していると隙間ができるのが気になり、なんとかぴったりと合わせようとしてしまいます。

何度かはがしたりするうちにシワにならないように貼ることができました。

しかし、一度剥がすとプライマーが剥がれてカッティングシートに接着してしまうので、なるべく貼り直しをしないことをお勧めします。

最終的に両端の部分だけ1㎜程度の隙間ができてしまいましたが、これは仕方ないので諦めることにしました。

続いて5㎝程度貼ってある状態のままカッティングシートの裏紙をすべて取ります。

カッティングシートの裏紙をすべて取る

そしてカッティングシートの端を引っ張りながら、スキージーで少しずつ空気を抜いていきます。

平らな面の空気を抜いたら、両端のカッティングシートを竹べらで角に押しつけてラインを出します。

そして両端に立ち上がったカッティングシートに縦に切れ目を入れます。

カッティングシートに縦に切れ目を入れる

次に縦枠側のカッティングシートに地ベラを添えてカッターでカットしていきます。

カッティングシートに地ベラを添えてカッターでカットする

カットしたらカッティングシートを引っ張りながら角に貼っていきます。

角はやり直しがきかないだけに緊張しますね。

その後は角部分を被せるようにカッティングシートを巻き込んでいきます。

カッティングシートを巻き込んでいく

最後に、地ベラとカッターを使って枠の下側のカッティングシートをカットすれば終了です。

巻き込み終わり

但し、枠の下側でクロスの上に重なるカッティングシートをカットする場合は、カッティングシート1枚だけの厚みをカットする気持ちでやらないと、下地のクロスまで切ってしまいクロスが剥がれて浮いてくるので注意してください。

カッターの刃はケチらず、早め早めに折って新しい刃に交換しましょう。

2か所目は、慣れた手つきで施工しましたが、それが油断につながったのか1か所シワになってしまいました。

そこで困ったときのドライヤーを使い、熱風を当ててシワを伸ばそうとしましたが若干のシワが残りました。

写真を見ていただくと分かると思いますが、よく見ないと分からないレベルです。

まあ、素人レベルの仕事では上等な方ではないでしょうか。

このような作業を約4時間近くも続けたので、完成した時はさすがに達成感に浸りました。

仕上がりは素人が見ても問題ない仕上がりなので満足ですが、シワの跡などもう少し改善できそうだとも感じました。

それにしても約800円の材料でこの見栄えなら、かなりコストパフォーマンスが高く文句なしです。

但し、この約800円はカッティングシート代だけで、他の材料費や人件費が入っていませんのでお間違いなく。

仮にこの一方枠を塗装する場合、業者さんにお願いすると2ヶ所で2万円以上はかかると思います。

カッティングシートを試してみたい方は、実験がてらに一度貼ってみてください。

失敗したとしても剥がしてもう一度貼ればいいのです。

貼れば貼るほど経験が積まさり上手になりますよ。

完成

まとめ

  • プライマーの2回塗りはカッティングシートの接着力が増す
  • カッティングシートは、なるべく貼り直しをしないように努める
  • カッティングシートはコストパフォーマンスが高い

今回も最後までお読みいただきありがとうございます。

空室対策やリフォームなどアパート経営に関する事はお気軽にご相談ください。

ご相談はこちらからご相談ボタン

地域密着の誠実な営業でお手伝い

金子不動産株式会社
住所:札幌市中央区北一条西23丁目1番40号
tel:011-633-8686
fax:011-633-8687

-アパートオーナーのためのDIY

Copyright© 金子不動産株式会社 , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.