アパートオーナー向け

エアコン設置は札幌でも必要! マンションでの設置には制限があり要注意

投稿日:2019年9月23日 更新日:

猛暑の夏が終わり秋風の吹く頃になりましたが、皆さんはいかがお過ごしでしょうか。

今年の夏は異常に暑く、体調を崩した方も多数いらっしゃると思います。

実は8月の上旬にマンションを賃借されているお客様から、子供が暑さに耐えられないという切実な訴えが当社に入りました。

いくら札幌とはいえ真夏日が10日間(68年ぶり)も続き、熱帯夜が2日連続(1961年以来初めて)になると大人だけでなく小さなお子さんも暑さでぐったりしてしまいます。

あまりの暑さのため子供の体調を心配したママさんからオーナー負担でのエアコン設置を当社に要望されました。

そこでオーナーに事情を説明すると、お子さんを心配してエアコンを設置してくれることになりました。

今回は賃貸マンションにエアコンを設置する際の制限をご説明しますので、参考にしていただけると幸いです。

1.エアコン設置の専用コンセントが必要

8月上旬では大型電気店に行ってエアコンを注文しても、設置できるのは8月下旬か9月上旬になるとのこと。

暑さが終わってしまいますが、エアコンを注文するお客様が多いので仕方がないところです。

さらに、今回伺った電気店の方からエアコンには専用コンセントが必要であると説明を受けました。

これはマンションに限らず一戸建でも同じで、専用コンセントがないと工事してもらえません。

以前に我家でエアコンを設置した時は、延長コードで配線してもらったと説明すると、延長コードを利用して事故が起こる場合があるので、今は認められないとのことでした。

このためエアコンを注文しても専用コンセントがなければ工事できないので、まず専用コンセントの設置が可能か電気工事店に確認してもらわなければなりません。

なおブレーカーから直接配線してコンセントを新設しないと専用コンセントにはなりません。

また、今回のエアコンは100ボルトながら冷房能力が大きいので、コンセントをIL(アイエル)型のものを使用しなければならないことが判明しました。

200ボルトのコンセントは形状が違うことは知っていましたが、100ボルトでも形状が違うコンセントがあると聞いて驚きました。

そこで、いつも電気工事を依頼している電気工事店に現地確認をお願いしました。

IL型コンセント

2.ブレーカーから天井裏の配線を行う

現地を確認してもらうとブレーカーの回線に空きがあるので、ここから配線して専用コンセントを新設すればOKと説明されました。

ただ天井裏を配線するには、マンションの梁があるのでうまく配線できるかやってみないと分からないとのこと。

もし天井裏に配線できなければ、見栄えはよくありませんが天井か床の端に沿って配線し、カバーのモールを取付けるしかできないことになります。

当日すぐにできる仕事量ではないので、日を改めて工事してもらうことにしました。

数日後にブレーカーから天井裏を通して配線工事を行い、新しいIL型コンセントを新設してもらうことができました。

すぐに電気店に連絡してエアコンを注文しましたが、設置できるのは9月中旬になると言われ、涼しくなっていると思いましたが来年も使うものなのでお願いしました。

工事の前に一度工事業者が下見をすると言われていたので、賃借人の方と当社に連絡をもらうようにしました。

万が一エアコンの取付けができない事態が発生しても困るので、私も立会うことにしました。

立会いの結果、換気口を利用して問題なくエアコンの設置ができることになりました。

家庭用ブレーカー

3.換気口を利用して室外機に接続

実際の取付け工事は見ていませんが、換気口を利用して配管ホースを通し室外機に接続しています。

ただ、本来は外部の配管ホースを室外機側化粧カバーで覆うのですが、外壁はマンションの共用部分のため施工できないそうです。

たしかにその通りですが、配管を室外機側化粧カバーで覆う方が見栄えが良く、耐久性が増すと思います。

これからは札幌の暑さも常態化するかもしれないので、賃貸マンションのエアコン需要も高まっていくと思われます。

そう考えると、個人的にはマンションの管理組合が外壁にエアコン用の配管穴やカバーの設置を容認してもいいと思うのですがいかがでしょうか。

エアコン

まとめ

  • エアコン専用のコンセントがないと取付けできない
  • 100ボルト用コンセントにも2種類ある
  • 分譲マンションは室外機の配管ホースに化粧カバーはできない

今回も最後までお読みいただきありがとうございます。

空室対策やリフォームなどアパート経営に関する事はお気軽にご相談ください。

ご相談はこちらから→ご相談ボタン

地域密着の誠実な営業でお手伝い

金子不動産株式会社
住所:札幌市中央区北一条西23丁目1番40号
tel:011-633-8686
fax:011-633-8687

-アパートオーナー向け

Copyright© 金子不動産株式会社 , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.