アパートオーナー向け

ごみステーションの設置について

投稿日:2017年3月20日 更新日:

今回はアパートオーナー様向けに、入居者が便利で快適になるお得情報をお知らせします。

一番は、箱型ごみステーションの設置です。

最近の賃貸マンション(鉄筋コンクリート)には設置されていますが、木造アパートに箱型ごみステーションを設置しているオーナー様は少ないのではないでしょうか。

たとえば所有するアパート賃借人の方が、勝手に近所の賃貸マンションの箱型ごみステーションに曜日に関係なくごみ袋を投入したり、札幌市指定のごみ袋を使用しなかったりするケースがたまに見受けられます。

こうなるとオーナー様又は管理会社に賃貸マンションの管理会社から苦情が寄せられます。

オーナー様は自分がやったことではないのに苦情を言われて気分のよいものではありません。

アパート管理会社としては、とりあえず謝罪しなくてはなりません。(残念ですが)

そこで、ごみ問題の解決と入居者の利便性をアップする箱型ごみステーションの設置をお勧めします。

札幌市の助成金とは!

箱型ごみステーションを設置するためのお得情報として、札幌市の助成金があります。

「箱型ごみステーション敷地内設置費助成事業」でサイズにより金額は変わりますが、助成限度額は12,000円です。

箱型ごみステーションの購入価格の1/2に相当する額が助成されます。(100円未満切捨て)

箱型ごみステーションは、小型のもの(330ℓ)で20,000円位から大型(600ℓ)でも70,000円程度です。具体的には20,000円の物であれば助成金は1/2の10,000円が限度になります。

ごみの目安は、単身世帯で40ℓ、ファミリー世帯で60ℓになります。

たとえば単身世帯10世帯であれば、10世帯×40リッター=400リッターの箱型ごみステーションが必要になります。

補助金の申請方法は用紙に記入して札幌市に申請しますが、平成28年度の申請は平成29年2月28日で終了したので、平成29年度は4月から受付になります。(札幌市に確認済)

 

助成事業の内容

箱型ごみステーション器材の種類

  箱 型 物置型 一部開放型

説明

可動式開口部付の箱状のもので、ごみを収集する際に、内部への進入を要しないもの(折りたたみ式箱型含む) 可動式開口部付の物置等に類する形状のもので、ごみを収集する際に、内部への進入を要するもの コの字型状で一部が開放された形状のもの

具体例

 ロッカー、コンテナ等

 

収納庫(トランクルーム)、物置

 

囲い(コンクリート製、ブロック製、木製等)

 

 

ダストボックス330

 

助成対象者

次のすべての要件をみたすこと。

(1)次のア~ウのいずれかに該当する方

【地域団体等】

ア.地域住民が共用できる家庭系ごみステーションを実質的に管理している団体等

【共同住宅所有者等】

イ.共同住宅でごみステーションの新設に伴い箱型ごみステーション器材を設置する場合においては、住戸6戸以上の新築共同住宅を除くすべての共同住宅の所有者

ウ.共同住宅で箱型ごみミステーション器材を経年劣化等により更新する場合においては、すべての共同住宅の所有者等

(2)設置等した箱型ごみステーションを適正に管理できること。

(3)助成の決定を受けてから購入および設置等すること。

(4)収集作業時の安全確保に協力することができること。

(5)設置状況調査、又は報告に応じることができること。

(6)設置等にあたり、法律、政令、省令その他の関係法令を遵守できること。

※注意 先に箱型ごみステーションを購入した場合は助成金の対象になりませんので、気をつけてください。

助 成 額

助成対象経費 助成額 助成限度額
箱型及び物置型の本体価格又は材料費(消費税を含)

 

助成対象経費の2分の1に相当する額(100円未満の端数切捨て)

 

12,000円

飛散防止のためネットの併用を必要とする一部開放型※の材料費(消費税を含)

 

7,000円

※一部開放型で使用するネットについては、ごみステーション管理器材購入費助成制度により申請していただくことになります。

ダストボックス600

 

設置基準

設置者
設置場所
利用形態
助成対象となる
設置

 

地域団体等

設置者が使用権限を有する土地に限る 地域住民が共同で使用するものであること。

●新たに箱型器材を設置する場合

●現在利用している器材を箱型器材に変更する場合

●箱型器材が破損等により使用に耐えず、器材を更新する場合。

●破損部分を修繕等により現状に復する場合

 

共同住宅所有者等

設置者が使用権限を有する共同週宅敷地内に限る  

◇予算額 平成29年度 未定

予算額に達した時点で締め切りとなります。

私も助成金を2件申請しましたが、正直手続きは面倒だと思いました。

オーナー様ご自身が行う場合は、アルバイトだと思って申請手続きを進められてはいかがでしょうか。

詳しくは、ネットで札幌市「箱型ごみステーション敷地内設置費助成事業」を検索してご確認ください。

http://www.city.sapporo.jp/seiso/gomi/st_josei/hako_st_josei.html

その中で「助成金の申請・交付手順」を開いていただくと助成事務の流れを確認できますし、PDF、ワードの申請書類をダウンロードすることができます。

設置したメリット!

箱型ごみステーションを設置して感じたメリットです。

  1. カラスや動物からの被害がなくなった
  2. 強風によるごみの散乱がなくなった
  3. 入居者の方が朝のごみ出しを思い思いの時間に出せる
  4. 箱型ごみステーションにごみが入るので汚らしく見えない

今回も最後までお読みいただきありがとうございました。

次回はLPガスのお得情報をお知らせします。

助成事業の内容等は札幌市ホームページ「箱型ごみステーション敷地内設置費事業」より引用しています。

http://www.city.sapporo.jp/seiso/gomi/st_josei/hako_st_josei.html

 

空室対策やリフォームなどアパート経営に関する事はお気軽にご相談ください。

ご相談はこちらからご相談ボタン

地域密着の誠実な営業でお手伝い

金子不動産株式会社
住所:札幌市中央区北一条西23丁目1番40号
tel:011-633-8686
fax:011-633-8687

-アパートオーナー向け

Copyright© 金子不動産株式会社 , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.