ちょっと一服

賃貸不動産経営管理士講習の申込手続が大変だったので注意点をお伝えします

投稿日:

こんにちは、事務員くうこです。

昨年3度目の挑戦で、無事宅建に合格することが出来ました。

勉強をする習慣が多少つきましたので、国家資格化が検討されている賃貸不動産経営管理士を受験することにしました。

この資格には宅建と同じように4問免除になる事前講習があります。不合格になって、何度も受験するよりは経済的だなと考え受講してきました。

講習の申し込みの手続きが手間暇がかかり大変でした。

面倒だなと思うことが多々ありましたし、やり方が分からなくて調べたりしました。同じように大変だと思う方がいらっしゃるかもしれませんので、講習の申し込み手続きで注意したいポイントをお伝えしたいと思います。

1.まず初めに受講案内と受講申込書を印刷する

それまでの流れを箇条書きでご説明します。

① 「賃貸不動産経営管理士」のホームページを開きます

出典:「賃貸不動産経営管理士公式ホームページ

② ホームページ上部メニューバー内の「試験学習をする」にカーソルをのせると下にメニューがさらに出てくるので、「講習のお申込み」をクリック

③ 「実施要領」、「カリキュラム」、「講習の申し込みから受講終了までの流れ」、「令和元年度賃貸不動産経営管理士講習 会場一覧」が表示される

④ 「講習の申し込みから受講終了までの流れ」内にある「受講案内」を印刷

⑤ 「「受講申込書」のダウンロードはこちら」のボタンを押す
会場一覧が表示されるので、希望日時と会場を確認して、右端にある「受講申込書」PDFを印刷

「受講案内」には申し込み手続きの手順が載っており、これに沿って手続きを勧めます。印刷して手元に用意したので、注意点が多くても準備しやすかったです。

講習申し込みスクリーンショット

出典:賃貸不動産経営管理士公式ホームページ「講習の申し込み」ページ

2.受講料の振込

次に受講料の振込です。

受講料は「みずほ銀行」か「ゆうちょ銀行」に「振込」です。

私はゆうちょ銀行に口座を持っているので、ゆうちょ銀行にしました。

「振込」をするには郵便局・ゆうちょ銀行では 、「払込取扱票」に必要事項を記入して受講料を振り込みます。

「払込取扱票」で振り込みが終わると、右端の部分の「振替払込請求書兼受領証」を窓口の人からもらいます。

振込手数料は各自で負担です。

私は「振替払込請求書兼受領証」というのがどういうものか分からなかったので、郵便局の人に聞きながら、窓口で手続きをしました。

窓口で手続きをすると、振込手数料だけで648円もかかりました。ATMやゆうちょダイレクトですと手数料は216円でした。

このように受講料の振込で、郵便局に行ったり受講料を振り込むのにも振込手数料がかかりました。時間をかけて郵便局に行き、お金を振り込むのに安くない手数料を払うなどとしたので、何度も心が折れかけました。クレジットカードやコンビニでの支払方法にも対応してほしいと思いました。

この時郵便局で出してもらう「受領証(振込証明書)」は、受講申込書と共に提出します。必ず受領し、なくさないように注意してください。

インターネットバンキングで振り込むこともできるようなのでご確認ください。

払込取扱票

ゆうちょ銀行の振込取扱票見本

3.受講申込書の作成

印刷した「受講申込書」を用意します。

これに顔写真一枚と前述の振込証明書を貼付します。顔写真を用意するのが、これがまた一苦労でした。

私はなるべく費用を抑えたかったので、スマートフォンを使い自分で写真を撮り、必要な大きさに切り取り送りました。

受講案内に詳しく書いていますが、撮影には注意点がいくつかありますので注意してください。

私は自宅での撮影でしたので、暗くないだろうか、背景に何か入っていないか、などに特に注意しました。

写真の裏に氏名を記入し、申込書に貼り付けます。

また郵便局で払い込んだ「振込証明書」の原本を申込書の裏面に貼付します。

iPhoneと手

4.受講申込書の発送

いよいよ申込書の発送になります。

用意した申込書を角2封筒に入れ、郵便局の窓口から簡易書留で発送しないといけません。ポスト投函は不可だそうです。

私は角2封筒というのを持っていなかったので、100円ショップで今回用に買いました。ちなみに角2サイズというのはA4・B5が折らずに入る大きさだそうです。サイズはミリで240×332です。

「受講案内」11ページの「受講申込書 発送封筒への貼付書式」を印刷したものを封筒に貼付し、必要事項を記入して郵便局に持参します。

郵便局では簡易書留代として430円もかかりました。

オンライン申込ができていたらかからない費用かと思うので、早めにオンラインでの申し込みが可能になってほしいと思いました。

その後、講習の2週間前を目安に受講票(はがきサイズ)が送られてきます。

この受講票は講習当日に持参します。また講習当日までに公式テキストを購入する必要があります。

公式テキストは協議会ホームページから購入サイトに行くことができ、そこで購入できますが送料がかかるようでした。念のためアマゾンでも見てみましたら、送料がかからなかったのでこちらで購入しました。公式テキストであればどこで購入してもいいのではないかと思います。

受講票が無事に到着したら、申込をした会場で講義を受講します。講義当日の体験レポートに関してはまた改めて書こうと思います。

以上、受講当日までの申し込み手続き体験レポートでした。上記手続きのポイントは私が体験したものですので、申込の際は賃貸不動産経営管理士ホームページにある「受講案内」に従ってくださいね。

封筒

まとめ

  • 受講案内と受講申込書は公式ホームページから印刷する
  • 郵便局窓口で振り込みをした場合振込手数料で648円もかかる(ATMは216円)
  • 顔写真はスマートフォンでの撮影でも可
  • 申込書は角2封筒で簡易書留で発送する

ここまで読んでいただいてありがとうございました。

地域密着の誠実な営業でお手伝い

金子不動産株式会社
住所:札幌市中央区北一条西23丁目1番40号
tel:011-633-8686
fax:011-633-8687

-ちょっと一服

Copyright© 金子不動産株式会社 , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.