アパートオーナー向け

出費を抑えたい新社会人向けにアパートオーナーが備え付けたい3つのもの

投稿日:2019年10月7日 更新日:

アパートに空室ができるとオーナーはクロスを貼り替え、美装して仲介会社に募集を依頼します。

このアパートが条件のいいアパートであれば、時間の経過と共に入居者は見つかるでしょう。

しかし交通便や買物便が良くないアパートは、なかなか入居者が見つからず時間ばかりが経過していきます。

アパートオーナーに金融機関からの借入があれば、毎月の支払いに追われだんだんと焦ってきます。

オーナーの心理状態は重苦しくなり、あまり体に良くありません。

特に予算のない方は少しでも賃料の安いアパートを探すので、賃貸相場は安さばかりが強調されて賃料が下がる悪循環になっています。

そこで今回は、これから就職するため出費を抑えたい新社会人を対象に、入居しやすい環境を提供することで空室に入居してもらうためのご提案です。

新社会人の方は最初の引越しのため、一般の入居希望者と違い照明やガステーブル、カーテンを所有していません。

そこで最初からこの3つを備え付けて、新社会人に入居を促してはいかがでしょうか。

1.LED照明の取付け

備え付けたい1つ目はLED照明です。

LED照明は電気代が安く、寿命が10年と長いので入居者に喜ばれ、オーナーは交換の手間が省けるメリットがあります。

特に新社会人のように収入が少ない場合は、電気代が節約できて助かります。

アパートオーナーが生き残るためのDIY②経済的で長寿命のLEDシーリングライト交換方法

の記事でもご紹介していますね。

特に女性が自分で照明器具を購入して取付けするのはハードルが高すぎますし、男性でもできない人が多いと思います。

大型電気店で購入しても配達してもらわなければならず、取付けをお願いすると費用がかかります。

最初から取り付けられていたら大喜びの設備です。

ホームセンターなら6帖タイプ1台6000円(税抜)程度で購入できます。

LEDライト(ステ)

2.ガステーブルの設置

2つ目はガステーブルです。

ガステーブルも最初から設置してあるアパートは少ないと思います。

照明と同じで車がないと配達してもらうしかありません。

ですから最初から設置してあると、入居者にはうれしくなる設備なのです。

私のアパートで実際にガステーブルを設置してみましたが、ほとんど傷みません。

独身の方はガステーブルの魚焼き機をほとんど使わず、コンロだけしか使わないため傷まないのです。

新社会人も最初は外食が多くて自炊しないと思いますが、多少のゆとりが出てくると料理をするようになりますので、ガステーブルは必需品です。

オーナーとしても最初の出費だけで長く使用できて経済的です。

ホームセンターで2口(幅56㎝程度)のガステーブルなら17,000円(税抜)程度で購入できます。

ガステーブル(ステ)

3.カーテンの取付け

最後の3つ目は窓のカーテンです。

最初からカーテンを取付けてあるアパートは見たことがありません。

前の入居者が置いていった汚いカーテンでは意味がありません。

新社会人が引越しして一番助かるのはカーテンではないでしょうか。

カーテンを購入するにはサイズを計り、柄を決めて購入しても取付けしなければなりません。

高さのあるカーテンボックスであれば、脚立かイスがないと取付けできません。

最初から新品のカーテンが取付けてあると、引越した日に寝ることができますし防犯上も安心です。

一時的に窓に新聞紙や布切れをかぶせなくてもいいので余計な手間が省けます。

ホームセンターなら柄と品質にもよりますが、高さ200㎝×幅200㎝程度のカーテン(レースとドレープ)1組が10,000円(税抜)程度で購入できます。

最近、大型電気店や家具店でも安価なカーテンを販売していますが、布地がぺらぺらで品質が劣ります。

ここはしっかりした布地のカーテンを準備してあげましょう。

新社会人を自分の子供と同じように思う大家の親心で接しましょう。

カーテン(ステ)

例えばLED照明2台(6,000円×2=12,000円)、ガステーブル1台(17,000円)、カーテン2窓(10,000円×2=20,000円)とすると合計49,000円(税抜)になります。

取付けはオーナーが行えば無料ですから49,000円(税抜)で済みます。

部屋の賃料によりますが、49,000円(税抜)程度で入居者が決まるのであれば、長期間空室にしておくのを考えると安いものだと思います。

これからますます他のアパートとの競争が激しくなってきますので、何かしらの差別化が必要です。

そう考えると新社会人向けにLED照明やガステーブル、カーテンを備え付けて入居を促すのはいいアイデアではないでしょうか。

ただし新社会人は4月から就職のため入居は2~3月に限定されます。

地方から札幌に就職する新社会人は1月からアパート探しをする場合もありますので、10月までに部屋が埋まらなければ、年末までに3つの対応をして準備したオーナーだけが新社会人との契約にこぎ着けると思います。

まとめ

  • LED照明は新社会人とオーナーの双方にメリットがある
  • ガステーブルは長期使用が可能
  • カーテンさえあれば引越した日に安心して寝ることができる
  • 新社会人の入居は2~3月に限定される

今回も最後までお読みいただきありがとうございます。

空室対策やリフォームなどアパート経営に関する事はお気軽にご相談ください。

ご相談はこちらからご相談ボタン

地域密着の誠実な営業でお手伝い

金子不動産株式会社
住所:札幌市中央区北一条西23丁目1番40号
tel:011-633-8686
fax:011-633-8687

-アパートオーナー向け

Copyright© 金子不動産株式会社 , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.